9000キロ、50週間、1台のリカンベントトライク

トミーQ-その人、その神話、その伝説。最も健康で経験豊かなライダーでさえ困難なサイクリングの旅に出発したトミーは、ある目標を持ち、成功することを決意しました。私たちは、トミーに声をかけられ、彼の4ポイント・オーストラリア・プロジェクトを紹介されたとき、すぐに興味をそそられ、彼のサイクリングにスポンサーとして参加することを熱望しました。50週間以内にオーストラリアで最も遠い4つの地点を自転車で巡るという目標を掲げ、すべては脳卒中財団を支援し、オーストラリアにおける脳卒中への認識を高めるために、トミーは今週旅に出、すでに力強く歩みを進めているのです。残念ながら、COVID-19が彼の計画の一部に支障をきたしましたが、トミーらしく、これにめげることなく、まだサイクリングができるように再調整をしました。
 
12歳のとき、トミーは脳卒中で倒れた。ある朝、鈍い頭痛で目が覚め、次第に悪化し、5週間後に病院で目が覚めたとき、脳卒中を患っていることを知りました。「正直言って、最初は信じられませんでした。テレビゲームの中にいるような錯覚に陥りました。
 
トミーは、食事や歩き方、話し方など、すべてを学び直さなければならなかったのです。脳卒中は、人の正常な機能を奪い、自然に身についたものを、すべて一から学ばなければならないのです。トミーは、普通の生活に戻ることを強く望み、何事にも動じなかった。右腕の動きにはまだ問題があるものの、トミーは幼い頃に好きだった卓球を再開し、走り方も覚えました。
 
現在、トミーはパーソナルトレーニングを学び、2014年にはココダ・トレイルを歩き、そして今、オーストラリアの4つの地点を自転車で巡るという最も過酷なチャレンジに挑んでいます。1年以上かけて、約9000kmを走破する旅です。
 
トミーにとって、これは体力と持久力を試す肉体的な挑戦であると同時に、脳卒中患者の研究と支援のための意識向上と資金調達を目的としたものです。「私は、社会的包摂を促進する手助けをすることができます。障害に対する認識や、障害に対して人々が抱いている制限的な考え方を打ち破る手助けができるのです」と、トミーは語っています。
リカンベントバイクに乗るトミーQ(脳卒中財団オーストラリア支援のため
 
リカンベントトライクに乗って出発したトミーは、地元の町を巡る旅でも、彼の旅の全行程でも、あらゆるサイクリストに彼の旅に参加することを勧めています。トミーは、自分の体験談や経験を共有し、脳卒中患者や何かができないと言われた人たちに、できることを伝えたいと考えています。意志があれば道は開ける、トミーはそれを完全に体現している。
 
ステディラックは、トミーの旅のスポンサーとなり、サイクリング・コミュニティにおける包括性を促進できることを誇りに思っています。サイクリングは、誰もが参加できるスポーツであり、だからこそ、トミーのような人々がこれを提唱することはとても重要なことなのです。私たちは、誰もが自転車やリカンベントトライクに飛び乗り、サイクリングを楽しめるようになってほしいと願っています
 
トミーの旅は、彼のInstagram、またはこちらのウェブサイトからご覧いただけます。彼の旅と脳卒中財団を支援したい方は、彼のウェブサイトから寄付をすることができます。

WANT TO BE THE NEXT STEADYRACK CUSTOMER SPOTLIGHT?

Are you a passionate cyclist with stories to share? We invite you to step into the limelight and be a part of Steadyrack's Customer Spotlight! If you are ready to showcase your cycling passion, click the button below to submit the entry form. Share your thrilling stories, epic photos of you on your adventures and a peek into your bike haven! If your story is chosen you will receive a free Steadyrack merch pack as a big thank you for being part of the excitement! 🌟🚲