モビリティ技術に何十億ドルも注ぎ込んでいる-交通革命は誇大広告に見合うか?

過去10年間で、移動能力の向上を約束するモビリティ・テクノロジーに、全世界でほぼ2000億米ドルが投資された。昨年だけでも330億米ドル以上が投資された。この分野への関心を示すもうひとつの指標は、過去2年間で倍増したユニコーンの数だ。ユニコーンとは、評価額10億米ドル以上の未上場の新興企業のことだ。2018年初めには、旅行とモビリティのユニコーンが22社あった。先月までにその数は44社に増えた。 モビリティ分野の上位カテゴリーは、ライドヘイリングが11ユニコーン(25.0%)、自律走行車が10ユニコーン(22.7%)、マイクロモビリティが3ユニコーン(6.8%)。残りの20のユニコーンは、旅行カテゴリー(ホテル、予約など)である。モビリティ・テクノロジーは、自律走行車、ライドヘイリング、eスクーターやeバイクだけではない。また、電動化(電気自動車、充電/バッテリー)、車両管理とコネクティビティ(コネクティビティ、データ管理、サイバーセキュリティ、駐車場、車両管理)、オートコマース(カーシェアリング)、輸送ロジスティクス(貨物、ラストワンマイルデリバリー)、アーバンエアモビリティも含まれる。

約束された解決策、新たな問題

モビリティ・テクノロジーへの関心の多くは、交通分野以外の人々から寄せられている。新興企業は、自分たちの技術が交通問題の多くを解決すると主張して投資家を惹きつけている。マイクロモビリティ企業は、彼らのeスクーターやeバイクが、自宅や職場とバスや鉄道の駅との間を素早く簡単に移動できるようにすることで、「ファーストマイル・ラストマイル」の問題を解決できると信じている。これは理論的にはうまくいくかもしれないが、安全で分離された自転車ネットワークと、頻繁で広くアクセス可能な公共交通サービスがあるかどうかにかかっている。ライドヘイリングサービスは、自動車を所有する必要性から人々を解放するかもしれない。しかし、こうしたサービスが交通渋滞を助長しているという証拠もある。それは、タクシーと違って、路上での移動時間のうち、乗客のいない時間が多いからだ。ナビゲーション・ツール(グーグル・マップ、アップル・マップ、Waze)は、他のモビリティ・テクノロジーよりも古くから存在しており、どのような移動でも最も渋滞の少ないルートを簡単に見つけることができる。しかし、調査によると、これらのツールは意図したとおりに機能していない可能性がある。一部の都市では、交通が幹線道路ではなく近隣の道路に誘導されているため、自律走行車に対する反発が高まっている。自律走行車には、自動車事故による死傷者を減らすという目標がある。ほんの数年前までは、このような自動運転車が今頃はポジティブな影響を及ぼしているだろうと、多くの大胆な予測がなされていたが、そうはなっていない。自律走行車に対する熱狂は冷めている。現在では、数十年間は社会的メリットの多くを見ることはできないだろうとの見方もある。 最後のモビリティ技術分野は、モビリティ・アズ・ア・サービス(MAAS)として知られている。これは基本的に、既存のインフラや交通手段を有効活用するために設計されたプラットフォームだ。MAASは、ライドヘイリング、Eスクーター、Eバイク、タクシー、公共交通機関など、さまざまなモビリティ・サービスのワンストップ決済にリンクされたジャーニープランナーから始まる。MAASは、モビリティ・テック分野で最も新しい参入企業だ。現在までに68億米ドルを集めているが、2030年までに1000億米ドル以上に成長すると予想されている。このアイデアは、民間の起業家だけでなく、公共部門でも大きな熱狂を巻き起こしている。これが交通を改善するかどうかを知るのは時期尚早である。

3つのトレンドが投資を促進

では、これまでの業績が芳しくないにもかかわらず、なぜベンチャーキャピタルはモビリティ・テクノロジーの新興企業に高い関心を示し続けているのだろうか?どうやら彼らは、パーソナルモビリティがますます重要になると考えているようだ。この考えを裏付ける3つのトレンドがある。第一に、都市生活者は容易に移動できることをますます重視するようになっている。これは住みやすい都市にとって重要な要素だと考えられている。問題は、特にアメリカやオーストラリアの郊外では、公共交通機関があまり充実していないことが多いことだ。これは、道路に比べて歴史的に資金が少ないためである。将来的に資金が増え、公共交通サービスが改善される見込みはあまりない。その理由のひとつは、多くの人々が公共交通を福祉とみなしており、必要不可欠な公共サービスとはみなしていないからである。したがって、都市がより住みやすく競争力のある都市を目指すのであれば、政府出資の公共交通機関だけでなく、他の移動手段にも目を向ける必要がある。2つ目の傾向は、自動車保有台数の減少である。1986年以降、アメリカの国民1人当たりの自動車と小型トラックの販売台数は30%近く減少している。オーストラリアでは、過去10年間、新車販売台数は比較的一定していたが、2017年以降は減少が続くと予想されている。こうした傾向は、自動車を所有するためのコストに起因する部分もあるが、自動車を所有する必要はないのではないかという見方が広がっているためでもある。これは、人口動態と、自動車所有よりもモビリティ・サービスへのアクセスを求めるミレニアル世代以降の人々の欲求に関わるものである。 これらのトレンドは、これらのサービスの価格が上昇傾向にあるとの予想と相まって、ライドヘイリングやマイクロモビリティ企業にとって良い時代が来るかもしれないことを示唆している。また、これらの新興企業に対するベンチャーキャピタルの資金調達が近い将来減少することはないだろうということでもある。

輸送の未来は単純ではない

交通システムは多面的である。ひとつのアプリやテクノロジーで課題を解決できるわけではない。また、私たちが発見しつつあるように、問題の解決策とされるものの中には、実際に状況を悪化させているものもあるかもしれない。もし人々が車から離れる(より良い健康と生活の質、そしてより良い環境のために)ことが目的なら、テクノロジー以上のものが必要だ。より良いインフラと公共政策(交通の必要性を減らすための土地利用と交通のより良い統合を含む)が必要であり、渋滞価格もそのひとつである。技術革新が解決策の一部として歓迎されないというわけではないが、それはあくまでも解決策の「一部」である。ザ・カンバセーション ニール・G・サイプ、交通・計画部門非常勤研究員、 クイーンズランド大学 この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下、The Conversationから転載されたものです。記事を読む オリジナル記事.

WANT TO BE THE NEXT STEADYRACK CUSTOMER SPOTLIGHT?

Are you a passionate cyclist with stories to share? We invite you to step into the limelight and be a part of Steadyrack's Customer Spotlight! If you are ready to showcase your cycling passion, click the button below to submit the entry form. Share your thrilling stories, epic photos of you on your adventures and a peek into your bike haven! If your story is chosen you will receive a free Steadyrack merch pack as a big thank you for being part of the excitement! 🌟🚲