縁石の競争は激化し、都市はそれを管理しなければならなくなる

サンノゼでは、道路脇のスペースに対する自動車と自転車利用者の相反するニーズを管理するため、駐車場によって道路から分離されたカーブサイドの自転車専用レーンを設けている。Will Buckner/Flickr, CC BY因みに2018年は、Zipcarのパブリック・パートナーシップ・マネージャーであるサブリナ・サスマンによって「縁石の年」とされた。ここ数年、特に都市部では限られた縁石スペースをめぐる競争が激化しているからだ。 縁石は、道路と歩道の間の「アクセス」を提供する場所である。その定義には、駐車場、バス停、タクシーの送迎、荷物の積み下ろしなどに使われる縁石の先の車線も含まれる傾向がある。 しかし、カーシェアリング、ライドシェアリング、eスクーターシェアリング、バイクシェアリング、eバイクシェアリング、フードデリバリー、オンライン注文の配達、そして数年後には自律走行車など、さまざまな新しい利用者による縁石の競争が激化している。 そして、こうした縁石への注目の高まりは、交通工学者協会(Institute of Traffic Engineers)、国際交通フォーラム(International Transport Forum)、北米の全国都市交通職員協会(National Association of City Transportation Officials:NACTO)による最近の報告書でも強調されている。 このような新たな利用者の増加に伴い、都市はこの競合する不動産の管理方法を再考する必要がある。縁石の管理を改善しなければ、都市は、縁石にアクセスするために循環する車両や、さまざまな共有モビリティ機器による歩道の混雑の増大に直面することになる。 こうした新しい利用者に対応するために都市が行うべき変化のひとつは、従来は駐車場として使われてきた縁石のスペースを他の用途に再利用することである。この変更は、財政的に大きな影響を与える可能性が高い。 米国の25の大都市を対象としたある調査によると、駐車場関連の収入は2016年に総額50億米ドル、つまり1人当たり約129米ドルに上った。縁石スペースの再利用がこの収入すべてに影響を与えるわけではないが、市の予算に影響を与えるだろう。この影響を最小限に抑えるため、都市は、縁石スペースの新規利用者に課金するかどうか、またどのように課金するかを考える必要がある。

縁石を管理するには、まず用途を特定する。

シアトル市は、縁石管理のリーダー的存在である。同市は縁石の利用を6つの主要機能に分類している:
  1. 走行レーン、自転車レーン、バスレーンのモビリティ
  2. バス停、駐輪場、ローディングゾーンを利用する人々のアクセス
  3. 商品配送のための商業アクセス
  4. 小さな公園、屋台、パブリックアートの活性化
  5. 植栽、レインガーデン、バイオスウェールの緑化
  6. 駐車場、バス待合所、工事用倉庫。
縁石に関する最初の詳細な分析のひとつがサンフランシスコで行われた。ウーバー・テクノロジーズが2018年に委託したこの調査の一環として、コンサルタント(Fehr and Peers)は縁石の生産性指数(CPI)を開発した。この指数は、縁石利用の生産性を比較するために3つのことを考慮した。
  1. モード別縁石スペース利用者数
  2. 活動が観察された期間
  3. その用途に特化した総面積。

縁石の生産性の計算方法

CPIは、縁石の競合するさまざまな用途を数値化するのに有効な方法である。 CPIは、活動量を使用面積で割ったものに、時間の単位を乗じて算出される。例えば、45メートルの縁石を4時間250人の発着客に使用するバス停のCPIは次のようになる:250人/(45メートル×4時間)、または1.39人/メートル・時間。 あるいは、縁石を5メートル使用し、4時間にわたって2人の旅客にサービスを提供するカースペースのCPIは次のようになる:2人/(5メートル×4時間)、つまり0.1人/メートル時である。 このCPIから、バス停は駐車場の13.9倍(1.39/0.1)の生産性があることがわかる。 このような利用データの分析は、縁石管理計画を策定する上で、ある程度の厳密さを提供する。

神話よりも測定」に基づく経営

その方法として、フェールとピアは3つの要素からなる経営戦略を推奨している:
  1. 既存の縁石を他の地域に移設する。
  2. コンバージョン:現在の用途の一部を廃止し、新しい用途に置き換えること。
  3. そのため、時間帯によって縁石の使い方が変わる。
フレキシブルな縁石管理の試みは、ワシントンDC、サンフランシスコ、フォートローダーデールで行われている。 縁石の管理方法を変えるにあたり、北米の全米都市交通当局者協会の2018年版報告書は、駐車場を他の用途に転換する際に「神話より測定」戦略を推奨している。 到着モードに関する調査では一貫して、公共交通機関やアクティブな移動モードが、自家用車よりも多くの顧客を隣接するビジネスにもたらすことを示している。駐車場を公共交通機関や自転車レーンに置き換えることで、その地域の企業の売上が増加することが、ビフォー・アフター調査で確認されている。 都市が縁石管理計画を策定する必要がある理由のひとつに、新しいモビリティ・スタートアップ企業が挙げられるが、他のスタートアップ企業も、ますます競合が激化するこのスペースを管理する新しい方法を開発している。このような新興企業には以下のようなものがある:
  • Sidewalkのスピンオフ企業であるCoord社のオープンカーブスは、車いす用通路、消火栓、バス停、その他の物理的な縁石を提供する。
  • サンフランシスコの運送会社ポピュラスは、eスクーターとeバイクのシェア駐車データを提供するモビリティ・マネージャーを開発した。
  • リミックスは、データストリーミングフィードを分析・視覚化するためのツール「ニューモビリティ」を開発した。
これらの新興企業は、縁石の価値が認められたこともあり、数百万ドルを調達している。 都市は、駐車都市からピックアップ/ドロップオフ都市、そしてフレキシブル都市へと移行する必要がある。そのためには、新たな利用者や新たなモビリティ管理オプションの出現に伴い、都市は縁石をどのように管理するかを戦略的に考える必要がある。 この移行における最初のステップの一つは、都市が新しい利用者に縁石へのアクセス許可を与えるための基礎の一部として、データ標準とデータ共有の取り決めを確実に確立することである。 ニール・サイプ 都市・地域計画学教授、 クイーンズランド大学 この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下、The Conversationから転載されたものです。元の記事を読む

WANT TO BE THE NEXT STEADYRACK CUSTOMER SPOTLIGHT?

Are you a passionate cyclist with stories to share? We invite you to step into the limelight and be a part of Steadyrack's Customer Spotlight! If you are ready to showcase your cycling passion, click the button below to submit the entry form. Share your thrilling stories, epic photos of you on your adventures and a peek into your bike haven! If your story is chosen you will receive a free Steadyrack merch pack as a big thank you for being part of the excitement! 🌟🚲