コロナウイルスは、住みやすい地域が私たちの幸福にとっていかに重要であるかを思い起こさせてくれます。

COVID-19の大流行を受けて、私たちは都市の利用方法に変化を目の当たりにしている。今、私たちはCOVID-19の蔓延を抑え、医療サービスの需要を減らすために、家にいることでカーブを平らにするために協力している。これは、自宅や近隣地域でより多くの時間を過ごすことを意味する。私たちは皆、自分の住む地域の住みやすさの長所と短所を発見している。この経験は、今後のコミュニティのあり方や計画について、いくつかの教訓を与えてくれる。住みやすい地域は、現在も、そしてパンデミックが去った後も、良好な健康と社会的結束を促進する。地域のオープンスペースの利用が多い ここ数週間で家を出た人なら誰でも、地域の道路や公共のオープンスペースを利用する人が増えていることに気づいただろう。公園やその他の公共スペースはこれまで以上に人気がある。中には混雑しすぎて快適に過ごせないところも出てきている。アクセスしやすい公共スペースは、健康的で住みやすい場所の重要な要素である。公共緑地は、心身の健康、都市の冷え込み、生物多様性、大気汚染、雨水流出など、さまざまな恩恵をもたらすことが、心臓財団(Heart Foundation)の過去のレビューで明らかにされている。家に閉じこもりがちな現代人にとって、地域の公共緑地へのアクセスはますます重要になっている。しかし、誰もが地元の公園を利用できるわけではない。私たちは、オーストラリア都市観測所(Australian Urban Observatory)に含まれる居住性指標を使って、公共オープンスペースへの近隣のアクセスを調べた。400メートル以内に公共のオープンスペースがある地域ばかりではない。下の住みやすさマップが示すように、シドニーのノースボンダイのビーチのすぐ北にある地区では、この傾向が見られる。メルボルンのセント・キルダ・イースト地区でも同様のパターンが見られる。これは、オーストラリア全土の多くの地域で繰り返されているパターンだ。個人の緑地や裏庭も、これまで以上に評価されている。多くの人々が、自宅で野菜や果物を植えようとしている。裏庭に見られるプライベートな緑地や生物多様性は、主観的な幸福感に重要な影響を与える。庭で自然とつながることは、精神的な健康をサポートする素晴らしい方法である。犬もまた、地域の緑地で飼い主と一緒に過ごす時間を楽しんでおり、ペットの飼育も増えている。オフィスのビデオ会議では、自宅で毛皮をまとった友人たちがよく登場する。ペットの里親が増えることで、人々が社会的な距離感に対処できるようになり、また動物たちに長期的に良い里親が見つかることを願ってやまない。自動車が減り、サイクリングやウォーキングが増える 今、私たちの都市で顕著な違いのひとつは、典型的な繁華街で自動車の交通量が減り、自転車やウォーキングをする人(子どもを含む)が増えていることだ。小道やサイクリングロードが整備された歩きやすい環境は、レクリエーション的な身体活動にも、地元の商店やスーパーマーケット、オフィスといった場所への移動にも、他人と不必要に接触することなく、支援的で安全な空間を提供している。その恩恵は、800メートル以内にそのような場所へのアクセスがある、歩きやすい高密度の地域に住む人々にとって最大である。サービスや施設が近くにあることは、店やサービスへの移動のための歩行を支援し、健康を促進し、心臓発作や脳卒中などの非感染性疾患を減らすことが示されている。しかし、このパンデミックにおける私たちの新たな生活は、医療、コミュニティ、社会サービスに対する地域のアクセスの不公平さをも浮き彫りにしている。調査によると、オーストラリアの都市によく見られる低密度の郊外では、こうしたサービスへのアクセスが悪い。 空気の質の向上 自動車交通量と産業排出ガスの削減は、間違いなく都市の大気質を改善している。2018年、世界保健機関(WHO)は、大気の質は呼吸器疾患や心血管疾患を増加させるとして、「新たな喫煙」であると宣言した。また、運輸部門は世界の二酸化炭素排出量の約25%を占めている。主要道路から300メートル以内に位置する家庭、学校、介護施設は、大気汚染や病気のリスクにさらされやすい。これらのリスクは、COVID-19危機の間に減少した可能性が高い。現在、私たちの多くは地元で生活し、買い物をし、「ゆっくり歩ける街」のコベネフィットを享受している。交通量が減り、よりアクティブな交通手段が増え、空気の質が向上し、騒音が減っているのだ。 社会的結束を大切にする 孤独は深刻な公衆衛生問題である。喫煙や肥満と同規模の早死をもたらす。パンデミック以前のライフスタイルでは、時間のない人々は就職、教育、レクリエーション、社交、課外活動のために目的地まで広く移動していた。郊外は社会的に孤立した場所だった。このような活動が抑制された今、人々は家に閉じこもり、近隣の社会的つながりが増えているのだろうか?逸話的にはそうです。隣人との新たな会話や活性化された会話、支援や品物の共有(トイレットペーパーはあるのか?世界中で、熊狩りや虹色のチョークで描かれた絵のような形で、このような近隣住民の帰属意識を見ることができる。コミュニティの一員であることを感じることが精神衛生上良いことはよく知られている。COVID-19のような危機の際には、地元の支援ネットワークがさらに重要になり、大切にされる。これらは、COVID-19の蔓延を食い止めるために自宅待機している私たちが、近隣地域の住みやすさについてより明白に反省していることのほんの一部である。パンデミックが過ぎ去った後も、私たちが忘れずに行動しなければならない教訓は、間違いなくまだまだたくさんあるはずだ。ザ・カンバセーション メラニー・ダヴァン、上級研究員、オーストラリア都市観測所所長、都市研究センター健康で暮らしやすい都市グループ共同ディレクター、 RMIT大学ビリー・ジャイルズ=コルティ、Urban Futures Enabling Capability Platform ディレクター、Healthy Liveable Cities Group ディレクター、 RMIT大学ハンナ・バドランド、都市研究センター主任研究員、 RMIT大学ルーシー・ガン、RMIT大学都市研究センター健康で暮らしやすい都市グループ研究員、 RMIT大学 この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下、The Conversationから転載されたものです。記事を読む オリジナル記事.

WANT TO BE THE NEXT STEADYRACK CUSTOMER SPOTLIGHT?

Are you a passionate cyclist with stories to share? We invite you to step into the limelight and be a part of Steadyrack's Customer Spotlight! If you are ready to showcase your cycling passion, click the button below to submit the entry form. Share your thrilling stories, epic photos of you on your adventures and a peek into your bike haven! If your story is chosen you will receive a free Steadyrack merch pack as a big thank you for being part of the excitement! 🌟🚲