自転車フックはもういらない!自転車の収納方法を今すぐ変えよう

自転車が収納しにくいのは確かです。ガレージや自宅の床面積が足りない場合は、自転車用フックに頼らず、縦型の壁掛け自転車収納が最適です。

残念ながら、ほとんどの人は、自転車を壁に取り付けるための自転車フックのことだとすぐに思うでしょう。そうではありません。Steadyrackは、自転車用フックが床置き収納の唯一の選択肢ではないことを証明することで、自転車用フック縦置き収納にまつわる誤解に革命を起こそうとしています。これがその理由です。自転車をフックにかけるのは厄介だ。フックを使うのは、一般的に不快な行為です。ロングライドから帰ってきたら、車輪のスポークの間にフックをはめ込み、頭上で不格好に持ち、壁にタイヤの跡をつけるのは最後の手段です。ステディラックは、自転車を持ち上げることも、曲げることも、厄介な体勢をとることもありません - 自転車を後輪に立て、ステディラックの中に前方に転がすだけです。

自転車は重いものです。 平均的な自転車の重さは約12kgで、乗っているときや壁に立てかけているときはそれほどでもありませんが、壁の自転車用フックにかけようとすると大変な重さになってしまうことがあります。そのため、自転車用フックでは持ち上げる動作が必要で、多くの人が苦労しています。ステディラックは、持ち上げる必要がありません。

バイクフックにはあまり重量がかからないので、バイクは重くなります。

多くの自転車用吊り下げフックは、プラスチックや軽量な素材でできているため、ほとんど重量がかかりません。つまり、ファットバイク、フェンダー付きバイク、アクセサリー付きバイク、eBikeなどの重いバイクは収納できないのです。ステディラックは、最大で35kgという非常に大きな重量を積載することができます。例えば、ファットラックは100kgの荷重をかけるテストを行っていますが、まだ完全に動作しています。

自転車用フックでリムを傷める

多くの自転車用壁掛けフックは、車輪のスポークの間に設置され、リムに対して立て掛けられています。このため、リムのごく小さな部分に大きな力がかかり、破損の原因となります。また、自転車のフレームを支えるフックもありますが、これも同様に破損の原因となります。ステディラックは、自転車のタイヤにしか接触しないので、自転車にとって最適なソリューションです。

ガレージや壁面に設置する自転車用フックは、プラスチック製や経年劣化に耐えられない素材がほとんどです。

自転車を外に吊るすことを計画していますか?ほとんどのフックはプラスチックを使って製造されており、長い時間のための要素にさらされたときに短い寿命を持っているので、あなたはおそらく自転車フックでそれを危険にさらすべきではありません。もっと強いものが必要です。

自転車を壁際に平積みして収納したい?

他のほとんどの壁掛け用縦型自転車フックは、自転車を壁に対して90度までしか設置できません。ステディラックは、わずかな力で自転車を壁に対してほぼ完全に平らに折りたたむことができます。そのため、スペースを取らず、1つの場所に多くの自転車を収納することができます。さて、何を待っているのでしょうか?No More Bike Hooks革命に参加しませんか?今すぐSteadyrackを手に入れよう


WANT TO BE THE NEXT STEADYRACK CUSTOMER SPOTLIGHT?

Are you a passionate cyclist with stories to share? We invite you to step into the limelight and be a part of Steadyrack's Customer Spotlight! If you are ready to showcase your cycling passion, click the button below to submit the entry form. Share your thrilling stories, epic photos of you on your adventures and a peek into your bike haven! If your story is chosen you will receive a free Steadyrack merch pack as a big thank you for being part of the excitement! 🌟🚲