自転車ヘルメット法の過剰な取り締まりは、弱い立場のライダーをターゲットにしている。

ヘルメットを着用していないサイクリストは、ニューサウスウェールズ州警察の注意を引くことが予想される。サイクリングはしばしば、健康的で持続可能な都市交通のモデルとして取り上げられる。では、なぜ自転車に関する法律は厳しくなったのだろうか。私たちが現在進めている調査によると、ヘルメット着用義務は不釣り合いな罰則と攻撃的な取り締まりの手段となっている。取締りの急増に伴い、罰金も大幅に増加している。また、一部の警察は自転車ヘルメット法を利用して、ライダーを停止させ、捜索する権限を拡大している。すでに不利な立場に置かれている人々、特に若年層、貧困層、アボリジニの人々への影響は甚大であり、問題である。オーストラリアは、世界で初めて自転車用ヘルメット法を導入した国である:1990年にビクトリア州で導入され、その後他の地域でも導入された。1970年代から80年代にかけてのシートベルト着用義務化法や飲酒抜き打ち検査と同様、ヘルメット法もまた、公教育キャンペーンに裏打ちされた、安全に対する金字塔の一部とみなされていた。しかし、今日のニューサウスウェールズ州では、収入目当ての厚かましい行為が見られる。

罰則は他の犯罪と比べてどうなのか?

ヘルメット着用なしでの走行は、ニューサウスウェールズ州道路交通規則2014に基づく自転車関連の罰金のひとつだが、警察が最も多く取り締まっている。かつては73豪ドルという少額の罰金だったが、2016年、表向きはサイクリストの安全対策の一環(車両運転手がサイクリストを安全な距離で追い越さないことを違反とすることなど)として、罰金は一晩で445%増の325豪ドルに引き上げられた。罰金は年ごとに指数化され、現在の罰金はなんと344豪ドルである。 他の州や準州と比べても、NTの25豪ドルからビクトリアの207豪ドルまで、大きくかけ離れている。この罰金は、他のもっと重い違反に対する罰則ともかけ離れている。ニューサウスウェールズ州では、自動車運転者が制限速度を20km/h以上超過した場合のみ、罰金はヘルメット不着用の344豪ドルを上回る。自転車専用レーンを走行した場合は191豪ドルの罰金。同じレーンをヘルメットなしで走った場合、サイクリストはその約2倍の罰金を科される。ヘルメットをかぶらずに自転車に乗ることは軽微な犯罪だが、ニューサウスウェールズ州政府にとっては大きな収入源となっている。2016年から2019年にかけて、17,560件の罰金通告がサイクリストに出され、その額はおよそ600万豪ドルに上った。同じ期間、危険な追い越しでドライバーに科された罰金はわずか95件だった。クルマはバイクにとって、バイクはクルマにとってより大きなリスクなのだ。サイクリストは、誰の福祉が優先されているのか疑問に思うのも無理はない。

停車と捜索の口実

最近、「ストリップ検査」のような警察の裁量権の行使について多くのことが語られている。まだ発表されていないが、現在進行中の我々の調査でも、警察が自転車用ヘルメット法をどのように使用しているかについて重大な疑問が投げかけられている。私たちは、ニューサウスウェールズ州でこの違反に対して出された罰則通知の数に、非常に大きな地理的格差があることを発見した。2018年から19年にかけて、罰金の半数近くが117の地方行政区域(LGA)のうち12で発行された。最も貧しいLGAのひとつであるブラックタウンは、全体の12%を占めている。地域のヘルメット着用行動で、この格差の一部は説明できるかもしれない。しかし、州内の弁護士から聞いた話によると、もっと厄介なことが起きているようだ。私たちの聞き取り調査では、ヘルメット着用法が安全とは無関係な目的で使われていることが明らかになった。犯罪や容疑者に関する情報収集、捜索の正当化、対象となる個人(特にアボリジニの若者)への嫌がらせなどである。子どもが同じ日に登下校の両方に乗る場合など、ヘルメット不着用で複数の罰則通知が出されることもある。この種の取締りは、憤慨や抵抗につながりやすい。これはエスカレートし、時には対立を招き、逮捕への抵抗や警察への暴行、攻撃的な言動、拘留中の物品など、さらなる犯罪に発展することもある。本当の目的がサイクリストの安全であるならば、より懲罰的でなく、より教育的なアプローチの方が良いに違いない。警察の手続きでは、最初の違反に対して罰則通告ではなく、注意を出すよう警官に義務づけるべきだ。また、(ヘルメット未着用以外の)犯罪が行われたと疑うに足る合理的な理由がない限り、ヘルメット未着用で人を止めることは、尋問や捜索の正当な理由にはならない。

過剰な罰金が別の問題を引き起こす

たとえ事態がエスカレートしなかったとしても、多くのサイクリストは警察との出会いから、払えないほどの借金を背負って立ち去ることになる(走り去ることはできないし、また罰金を科される危険もある!)。経済的な安定を享受している人々にとって、罰金は家計の請求書のようなものだ。しかし、オーストラリアの世帯の12%以上が、いざというときのために500豪ドルの貯蓄をしていない。彼らにとって、344豪ドルの罰金は大きな負担なのだ。我々の調査によると、ヘルメット未着用で罰金を科された人の多くは、すでに借金の罠にはまり込んでいる。運転免許の停止は、オーストラリアにおける未払い罰金回収プロセスの重要な要素である。つまり、自転車用ヘルメットの罰金(たいていの場合、複数回)の影響には、無免許運転で捕まるという二次犯罪が含まれる可能性がある。そしてそれは、深刻な法的トラブルに巻き込まれる可能性がある。若者は特に、行き過ぎたヘルメット取締りの影響を受けやすい。彼らは大人と同じ罰金を科される。罰則告知違反には、若者の気分転換オプションは利用できない。若くして借金を背負うことは、仕事の機会に深刻な支障をきたす可能性がある。ヘルメットをかぶらずに運転した場合の罰金は、現在ではばかばかしいほど過大である。罰則と犯罪の比例性が失われている。目的は害を減らすことだ。罰金を重ねることは、良いことよりも悪いことの方が多い。ザ・カンバセーション ジュリア・キルター法学部准教授、 ウーロンゴン大学 とラッセル・ホッグ司法学部非常勤教授、 クイーンズランド工科大学 この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下、The Conversationから転載されたものです。記事を読む オリジナル記事.

WANT TO BE THE NEXT STEADYRACK CUSTOMER SPOTLIGHT?

Are you a passionate cyclist with stories to share? We invite you to step into the limelight and be a part of Steadyrack's Customer Spotlight! If you are ready to showcase your cycling passion, click the button below to submit the entry form. Share your thrilling stories, epic photos of you on your adventures and a peek into your bike haven! If your story is chosen you will receive a free Steadyrack merch pack as a big thank you for being part of the excitement! 🌟🚲