薄型自転車、スピードショーツ、ゴーファースト・トレーナー:スポーツにおける論争の的となるテクノロジー

ケニア人ランナーのエリウド・キプチョゲが、先日のINEOS 1:59プロジェクト・チャレンジの一環として、人類初のマラソン2時間切りを達成したとき、これは間違いなく、1954年にロジャー・バニスター卿がマイル4分を更新して以来、最も重要なアスリートの偉業のひとつであった。しかし、その直後から論争が巻き起こった。ランナーや彼の走りの非公式性(彼の記録は公式なものではない)に対してではなく、彼のランニングシューズに対してである。問題となったのは、ナイキが設計・製造したランニングシューズ「アルファフライ」である。このシューズは、足の一撃一撃のエネルギーを吸収し、アスリートが走るたびにそのエネルギーを蓄え、流し、戻すことができるよう、入念に検討されたソールデザインを中心に作られている。ミッドソールに組み込まれたカーボンプレートと相まって、エネルギーを吸収し、戻すために使用されるポリマーの種類やエアポケットの配置方法など、特許を取得したさまざまな革新的技術が盛り込まれている。問題は、ランニングシューズは本当にスポーツの成功のカギとなり得るのか、ということだ。それとも、他人の見当違いの嫉妬の対象になりやすいだけなのだろうか?2005年に発表されたある研究は、男子マラソン記録の限界を予測した。しかし、それ以来、その研究の最大予測はすでに約2分、キプチョゲのタイムを含めると4分近くも超過している。それを踏まえると、シューズがこのような予想外の大幅なパフォーマンス向上の少なくとも一因であることを示唆するのは妥当なように思われる。管理団体である国際陸上競技連盟は、ナイキのランニングシューズを調査し、その結果を報告するグループを設立した。この懸念を裏付けるように、シューズ技術を調査した最新の研究では、アルファフライの前身となるシューズのデザインでランニング経済性が大幅に向上していることが示されている。実際、同じ研究で他のエリートレベルのトレーナーと直接比較したところ、パフォーマンスの向上は2.6%~4.2%の範囲だった。エリートスポーツのギリギリのラインでは、このような恩恵はナイフでの戦いに銃を持ち込むに等しい。

テクノロジーで優位に立つ

確かに、スポーツにおける技術支援に関する議論に関しては、これまでにも何度もあった。オーストラリアのスプリンター、キャシー・フリーマンは、2000年のシドニー五輪の400メートルでワンピース型の空気力学的スーツを着用した。2008年には、南アフリカのオスカー・ピストリウスが、同じ年のパラリンピックとオリンピックの両方で、複合義足を使いながら走ろうとしたことで、障害の本質そのものが問われることになった。キプチョゲのシューズと同様、これらのシューズもまた、私たちが最高のパフォーマンスを発揮するためのテクノロジーの性質とその貢献度合いについて懸念を抱かせた。2015年に発表された体系的なレビューの中で、私はスポーツにおけるテクノロジーの影響について、ポジティブな関心の大きな源泉をもたらしたが、時には大きなダメージを与えるものであることを発見した。イギリスのオリンピックチームは最近、2020年のオリンピック・パラリンピックで選手たちが乗るHB.Tと名付けられた新しいトラック・サイクリング用自転車を発表した。このマシン(ブリティッシュ・サイクリングとメーカーのホープとロータス・エンジニアリングとのプロジェクト)は、ルールを絶対的な限界まで押し上げ、1992年にクリス・ボードマンが金メダルを獲得したロータスの自転車をデザインしたときにロータス自身が適用したセンスを示している。しかし、このデザインは後に不公正とみなされ、競技から追放された。新しいチームGBの自転車は、一風変わったフォーク構成と、真正面から見るとほとんど見えなくなる弓なりの細いフレーム部材が特徴的だ。エンジニアたちは、その利点を知りたがっていることだろう。しかし、この自転車の本当の効果は、この自転車が初めて輪行されたときに、対戦相手に与える心理的打撃にあるのではないかと私は考えている。このような新技術の背後にある一般的な批判は、それがどれほど効果的であるか、あるいはそうでないかということだけでなく、その認識される公平性についてもである。このような議論では通常、技術への平等なアクセス、新技術が安全であることを保証する能力、根本的に不公平な優位性ではないこと、そして最終的にスポーツの本質を完全に変えないことをめぐる問題が議論される。スポーツの運営組織の中には、テクノロジーの影響を取り除こうとしたり、無視しようとしたりするものもある。自転車競技も何度かそれを試みた。しかし、ランニングのような比較的単純なスポーツでさえ、キプチョゲが約40人のペースセッターからなる巨大なチームを空気力学に基づいたフォーメーションとあのシューズを使用したことで、永遠に変わってしまった。技術の進歩は遅らせることはできても、簡単に止めることはできない。東京2020大会に向けて、より多くのアスリート、チーム、メーカーが、競技スポーツで最も価値のあるメダルを目指して競い合う中、テクノロジーの影響についてより多くの議論がなされることだろう。ザ・カンバセーション ブライス・ダイアー、プリンシパル・アカデミック ボーンマス大学 この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下、The Conversationから転載されたものです。記事を読む オリジナル記事.

WANT TO BE THE NEXT STEADYRACK CUSTOMER SPOTLIGHT?

Are you a passionate cyclist with stories to share? We invite you to step into the limelight and be a part of Steadyrack's Customer Spotlight! If you are ready to showcase your cycling passion, click the button below to submit the entry form. Share your thrilling stories, epic photos of you on your adventures and a peek into your bike haven! If your story is chosen you will receive a free Steadyrack merch pack as a big thank you for being part of the excitement! 🌟🚲