徒歩や自転車での通勤は、通勤者の幸福度と生産性を高める

オーストラリアでは、平日に900万人以上が通勤している。自動車、公共交通機関、自転車、徒歩など、移動距離や移動方法は、彼らの幸福度や仕事でのパフォーマンスに影響を与える可能性がある。毎日通勤しているフルタイム労働者1,121人を対象とした我々の調査では、いくつかの重要な発見があった:
  • 通勤距離が長い人ほど休日が多い傾向にある
  • 中高年労働者では、徒歩または自転車通勤者の方が職場での成績が良い。
  • 通勤距離が短く、徒歩や自転車通勤をしている人は、幸せな通勤者である可能性が高い。
オーストラリアでは、フルタイム労働者は平均して週に5.75時間を通勤に費やしている。その中で、通勤時間の4分の1近くが長時間(片道45分以上)に分類される。長時間の通勤は、労働者に肉体的・精神的負担を与えるだけでなく、仕事への参加、エンゲージメント、生産性にも影響を与える可能性がある。また、オーストラリアは都市がスプロール化しているため、ほとんどの労働者が自動車通勤をしている。しかし、自動車通勤は最もストレスの多い通勤方法であることがわかっている。車通勤は、一連の健康問題やソーシャル・キャピタルの低下(社会的ネットワークが小さく、社会参加が少ない)と関連しており、これらはすべて仕事のパフォーマンスや生産性に影響する。

この研究は何を調べたのか?

私たちの調査は、毎日の通勤が職場の生産性にどのような影響を与えるのか、またどの程度与えるのかを調査したものである。シドニー、メルボルン、ブリスベンの従業員1,121人を対象に調査を行った。これらの従業員は全員フルタイムで雇用され、勤務地は固定されており、定期的に通勤し、異なる業種や職種で働いている。下のグラフが示すように、長距離通勤の労働者は欠勤日数が多いことがわかった。
通勤距離の増加に伴う欠勤日数の予測。 著者提供
この結果には2つの理由が考えられる。第一に、通勤時間が長い労働者は病気になりやすく、欠勤しやすい。第2に、通勤時間が長い労働者は、(交通費を差し引いた)純収入が少なく、余暇時間も少ない。したがって、通勤コストと時間を避けるために欠勤する可能性が高くなる。オーストラリアの首都の平均通勤距離は約15kmである。通勤距離が1kmの労働者は、15kmの労働者より欠勤日数が36%少ない。通勤距離50kmの労働者は欠勤日数が22%多い。また、中高年(35~54歳)で徒歩や自転車通勤者(アクティブ・トラベルと呼ばれる)は、公共交通機関や自動車通勤者に比べて、自己申告による仕事のパフォーマンスが高いこともわかった。この結果は、アクティブな移動手段がもたらす健康面や認知面でのメリットを反映しているのかもしれない。最後に、短距離通勤者とアクティブ・トラベル通勤者は、リラックスし、落ち着き、熱意があり、通勤に満足し、生産性が高いと報告した。

通勤は生産性にどう影響するか?

都市経済理論は、通勤と生産性の関係を説明する1つの材料となる。それは、労働者は家庭での余暇時間と仕事での努力の間でトレードオフを行うというものである。そのため、通勤時間が長い労働者は、余暇時間が減少するため、労力が減ったり、仕事をさぼったりする。通勤はまた、身体的・精神的健康の低下を通じて、仕事の生産性にも影響を及ぼす可能性がある。身体活動の低下は、肥満や関連する慢性疾患の原因となり、労働参加率を著しく低下させ、欠勤率を高める。通勤に伴う精神的ストレスは、仕事のパフォーマンスにさらに影響を及ぼす可能性がある。ウォーキングやサイクリングによるアクティブな通勤は、より「リラックスでき、エキサイティング」であると認識されていることが、多くの研究で明らかになってきている。対照的に、車や公共交通機関での通勤は「ストレスが多く退屈」である。通勤時のこうしたポジティブまたはネガティブな感情は、仕事中の気分や感情に影響し、仕事のパフォーマンスに影響を与える。最後に、通勤手段の選択は、認知能力を通じて仕事の生産性に影響を与える可能性がある。身体活動は脳機能と認知力を向上させるが、これはパフォーマンスと密接な関係がある。そのため、少なくとも自転車や徒歩での通勤という激しい運動後の数時間は、アクティブな移動をする通勤者の方が、仕事中の認知能力が高い可能性がある。
徒歩・自転車通勤が生産性に及ぼす経路。政策への影響は?
雇用主は、仕事のパフォーマンスを向上させるための全体的な戦略の一環として、通勤の種類を検討すべきである。積極的な通勤を促進し、可能であれば通勤時間の短縮を目指すべきである。例えば、職場に安全な駐輪場やシャワーを設けることで、自転車通勤を大幅に増やすことができる。政府については、オーストラリアのほとんどの州では、交通予算のごく一部(2%未満)しか自転車インフラに充てられていない。対照的に、オランダではほとんどの自治体が自転車政策を実施するために特別な予算を割り当てている。徒歩や自転車通勤の経済効果を考えれば、オーストラリアはアクティブ・トラベルにもっと交通インフラ資金を配分すべきである。 リャン・マー、副学長特別研究員、 RMIT大学 メルボルン・スクール・オブ・デザイン研究員、 メルボルン大学 この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下、The Conversationから転載されたものです。記事を読む オリジナル記事.

WANT TO BE THE NEXT STEADYRACK CUSTOMER SPOTLIGHT?

Are you a passionate cyclist with stories to share? We invite you to step into the limelight and be a part of Steadyrack's Customer Spotlight! If you are ready to showcase your cycling passion, click the button below to submit the entry form. Share your thrilling stories, epic photos of you on your adventures and a peek into your bike haven! If your story is chosen you will receive a free Steadyrack merch pack as a big thank you for being part of the excitement! 🌟🚲