実際に「必要不可欠なサービス」とは何か、誰が決めるのか?

モリソン州政府は、コロナウィルスの蔓延を抑えようとする中で、制限されることなく許可される従業員、公共の集まり、サービス、ビジネスについて "必要不可欠 "という言葉を使い続けている。しかし、何が必要不可欠で、誰がそれを決めるのだろうか?その定義からして、不可欠とは「必要なもの、欠くことのできないもの、避けられないもの」を意味する。COVID-19のパンデミックに対処する場合、政府には最近の前例がない。何が必要不可欠なサービスなのか、あらかじめ決められたリストはない。それどころか、「必要不可欠」という言葉は、常に進化し続ける動く獣のように見え、混乱を招きかねない。

混乱したメッセージ

3月22日、ビクトリア州のダニエル・アンドリュース首相は、48時間以内に「必要不可欠でないすべての活動を停止する」よう呼びかけた。スーパーマーケット、銀行、薬局などは必要不可欠なものの一部だが、何が必要不可欠なサービスなのか、徹底的なリストは示さなかった。当然、混乱が生じた。例えば、ビクトリア州の田舎町バランでは、閉店する店もあれば、営業を続ける店もあった。現在、多くの小売業者が、従業員と市民の安全のため、「必要不可欠ではない」と判断し、自主的に店舗閉鎖を決定している。日曜日にスコット・モリソン首相は、国家内閣の会議が「必要なもの、食料品、その他の必需品の買い物」を制限するなどの新たな制限に合意したと述べた。しかし、モリソン首相は、最近妻が家族のためにジグソーパズルを購入したことについて、「絶対に必要なもの」だと述べた。玩具やホビーの小売業者はこの発言に安心感を覚えるかもしれないが、現実にはそのようなビジネスは「必要不可欠」とは見なされないかもしれない。

銃とペストリーは欠かせない?

COVID-19の制限の一部として、何を必須とみなすかについては、海外でも違いがある。米国では、国土安全保障省のメモによれば、銃砲店や銃メーカーの従業員を「必要不可欠な」労働者とみなすことが推奨されている。一方ヨーロッパでは、「必需品」にはベルギー風フライドポテト、フランス風バゲット、オランダ風大麻が含まれると言われている。フランスでは、ペストリー、ワイン、チーズの専門店も必需品とされている。アイルランドでは、政府が「必要不可欠な労働者」とみなすものの詳細なリストを発表したと報じられている。必要不可欠な小売店には、薬局、給油所、ペットショップが含まれるが、眼鏡店、自動車修理店、自転車修理店は含まれない。

必要不可欠なもの

ここオーストラリアでは、スーパーマーケット、ガソリンスタンド、アライド・ヘルス(薬局、カイロプラクティック、理学療法、心理学、歯科)、銀行が必要不可欠なビジネスやサービスであることは広く認められている。同様に、貨物、物流、宅配も不可欠と考えられている。オーストラリア郵便によると、郵便局員と配達ドライバーは営業を続けているが、一部の郵便局は一時的に閉鎖されている。一部のボトル・ショップは営業を続けているが、多くのボトル・ショップが購入量を制限している。
政府は、より多くのビジネス、サービス、活動を "非必須サービス "リストに順次追加している。これには、カフェ、フードコート、パブ、ライセンスクラブ(スポーツクラブ)、バー、美容・介護サービス、娯楽施設、レジャー・レクリエーション(ジム、テーマパーク)、ギャラリー、博物館、図書館などが含まれる。例外もある。カフェは、持ち帰りのみ営業することができる。美容師や理容師は、4平方メートルにつき1人というルールを守れば営業できる。屋外市場と屋内市場(ファーマーズ・マーケット)のように、各州・準州の判断に委ねられるものもある。

仕事への出入り

現実には、いかなる労働者も「必要不可欠でない」とみなされるべきではなく、またそう考えることもない。しかし、この規制が広範に適用された結果、ある業界の労働者が職を失う一方で、同じ業界の他の労働者は完全に雇用され続けている。例えばシェフだ。レストランやライセンス・クラブの禁止により、そこのシェフは解雇されているが、ホテル内のシェフは調理を続け、ルームサービスの食事を提供することができる。カフェのバリスタは、テイクアウトのコーヒーを作るだけであれば、まだ有給雇用が可能だが、認可されたスポーツクラブ内のバリスタは、残念ながら解雇されている。

さらなる制限と必須事項

多くの企業が事業を縮小し、いくつかの小売店が自主的に閉店するのを目の当たりにしている一方で、多くの企業は「必要不可欠ではない」サービスをすべて閉鎖する可能性があるという更なる発表を待っている。政府は、何が必要不可欠で、何が必要不可欠でないかを決定する前に、何を考慮すべきなのだろうか。医療従事者、警察官、消防士、その他の緊急サービス従事者が必要であり、食料供給、清潔な水、下水道などの公共サービスを維持する人々が必要である。しかし、これらの人々の機能を維持するために必要なサービスも必要なのだ。軍隊ではこのことを、戦場にいる兵士を維持するために必要な人数(兵士1人につき最大3人と推定される)を示す「tooth to tail ratio」と表現する。民間では、消耗品の供給、個人防護具、輸送、電力、燃料、コンピューター・システム、力仕事をしている間の家族の世話をする人などがこれにあたる。ザ・カンバセーション ゲイリー・モーティマー、マーケティング・消費者行動学教授、 クイーンズランド工科大学 この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下、The Conversationから転載されたものです。記事を読む オリジナル記事.

WANT TO BE THE NEXT STEADYRACK CUSTOMER SPOTLIGHT?

Are you a passionate cyclist with stories to share? We invite you to step into the limelight and be a part of Steadyrack's Customer Spotlight! If you are ready to showcase your cycling passion, click the button below to submit the entry form. Share your thrilling stories, epic photos of you on your adventures and a peek into your bike haven! If your story is chosen you will receive a free Steadyrack merch pack as a big thank you for being part of the excitement! 🌟🚲